当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

革製品のお手入れガイド

2023年10月3日

この記事を書いた人:京子

京子

■好きなこと:ゲーム実況/推理小説/ライブ/レモン(酸っぱいもの全般)
■好きなブランド:BOTTEGA VENETA

革製品は風合いや耐久性が魅力的で、長く愛用するためには適切なお手入れが欠かせません。このガイドでは、革製品のお手入れについてメリットから必要な道具、具体的な手順まで詳しく解説します。

革製品をお手入れするメリット

革製品を定期的にお手入れすることで、以下のようなメリットが得られます。

耐久性の向上: 正しいお手入れによって革の強度が保たれ、耐久性が増します。
風合いの維持: お手入れによって革の美しい風合いが長く続きます。
傷や汚れの防止: オイルなどを塗ることで油分が水滴による水染みを防いだり、傷や汚れが付きにくくなります。
長期間愛用可能: 適切なお手入れを行うことで、革製品を長く愛用することが可能になります。

革製品のお手入れに必要なもの

革製品をお手入れするためには、以下の道具やアイテムが必要です。

  • ブラシ: 革のブラッシングに使用します。
  • オイルやクリーム: 革を保湿するために使用します。
  • 乾拭き用のクロス: 革製品についた余計なオイルやクリームを拭う際に使用します。
  • 防水スプレー: 革製品を水や汚れから守るために使用します。

革製品のお手入れ方法

革製品のお手入れ方法は以下の手順で行います。

1.ブラッシング

革のブラッシングで埃や汚れを取り除きます。
革製品に適したソフトで繊細なブラシを選びましょう。硬すぎるブラシは革を傷つける可能性があります。

ブラッシングする際は、優しく、軽い力でブラッシングします。力を入れすぎると、革の表面を傷つけたり、色落ちの原因になる可能性があります。なかなか落ちない汚れは、固く絞った濡れタオルで汚れをほぐしながら優しく拭いてあげましょう。

また、革製品のシームや隅、刺しゅう部分などは、汚れが溜まりやすい部位です。丁寧にブラッシングして、汚れを取り除きましょう。

【 シューケア クリーム用 ブラシ 】 ペネトレイトブラシ 水洗い可 ビジネスシューズ パンプス ケア | 靴クリーム 靴磨き 革靴 皮靴 お手入れ メンテナンス レザー レザークリーナー シューズクリーム シューズクリーナー シューズケア シューズブラシ 本革 靴ブラシ

価格:440円
(2023/10/19 18:39時点)
感想(8件)

2.オイル・クリームを塗る

革に柔らかい布でオイルやクリームを均一に塗って、柔軟性を保ちます。過剰な量のオイルやクリームは革に吸収されず、表面に残ったり染みの原因になる可能性があります。目立たないような場所で一度試してみましょう。

塗ったあとの質感がベタッとしていたら塗りすぎです。乾いた布で一度拭ってあげましょう。

革製品の縫い目や隅、折り目など、細かい部分にもオイルやクリームを塗布することで、革全体が均一に保湿されます。

レザートリートメント ドイツ製 革 クリーナー お手入れ <ラナパー>Renapur 100ml 保革 艶出し 防水 防カビ 補色 ビーズワックス ホホバ油 無色 無臭 バッグ コート ソファー スポーツ用品

価格:2200円
(2023/10/19 18:37時点)
感想(5件)

3.乾拭きする

乾いたクロスで革を拭き、余分なオイルやクリームを拭き取ります。強くこすらないように注意しましょう。

4.防水スプレーをする

防水スプレーを使用して、革製品を水や汚れから保護します。必ず換気をして、適度に離れた場所から均一になるようにスプレーしてください。近くからスプレーすると一箇所に集中してしまい、変色や痛みの原因になります。スプレー後は乾かしてから保存しましょう。

【靴 スニーカー 防水スプレー】【COLUMBUS(コロンブス)】AMEDAS アメダス【撥水・撥油効果に優れたアメダス防水保護スプレー 60ml サイズ】シューズケア

価格:648円
(2023/10/19 18:39時点)
感想(0件)

5.通気性のいい場所で保存

直射日光や高温多湿、暖房器具から遠ざけ、通気性の良い袋や箱に入れて風通しの良い場所で保管しましょう。

革に傷がついていたときは

革製品に浅い傷ができてしまった場合は、特に丁寧に汚れを落とし、保湿することで傷が目立ったり悪化するのを防ぎましょう。
どうしても傷が気になるという方は、色補修キットや染料といったアイテムもあるので、検討してみてください。
修復が難しい大きなキズができてしまった場合は、革製品の修理を専門に扱う修理工房に依頼することをおすすめします。

おわりに

これらの手順を定期的に行うことで、革製品の美しさと耐久性を維持し、お気に入りの革製品を長く愛用しましょう。カバンなどは2ヶ月に1回がお手入れをするのが理想です。

-お役立ち情報
-