【就活生必見!】市場価値を高める方法って?

2019年4月13日

こんにちは、そりてぃあです(*’ω’*)

これから市場価値を高める方法について、考えてみます。
※ ここでの市場価値とは、”転職の際に採用されやすい”ということです。

タイトルにある通り、「市場価値ってどうやったら高まるんだろう?」と皆さん考えたことはないでしょうか。

明確な答えはないですが、ひと昔前に思われていた市場価値を高める方法と現代の市場価値を高める方法が異なっていると思ってきたのでメモしておきます

そもそも市場価値の数式はどのようになっているのでしょうか。
自分が考えるに、以下のようになっていると思います。

 

図1. 市場価値の数式

スキルと人材というものがあり、それを掛け合わせたものが市場価値です。
スキルがどんなに高くても、人柄がだめですとやはり落ちますし、人柄がある程度あれば、スキルが多少低くても何とかなっていたと思います。
スキルは可変ですが、人柄は不可変ですね。

なので、そこから考えられる市場価値を高める方法は”希少スキルを増やすこと”でした。
表現が正しいかはわからないですが、マルチ人材ですね。一人で二役三役こなしてしまうことです。

スキルの部分を少し具体的にすると以下です。

      

 

図2. 一昔前の市場価値を高める方法

可変部分:スキルの足し算です。
画像に記載しているスキルは例ですが、簿記一級、TOEIC900とマーケティングスキルの3つがあったとしたら、市場価値は高かったと思います。あくまでも例ですが…

不可変部分:前述の通り、人柄です。

人柄が悪いとどんなハイスペックな人でも落ちます。
ここまでは”市場価値の数式”と”一昔前の市場価値を高める方法”でした。

では、これからはどのようにしたら市場価値が高くなるでしょうか。
ここで言っている”これから”というのは、”今後の世の中の情勢”です。
最近HOTだと思いますが、どの分野でもAI化が進んでいます。
AIに置き換わる仕事多いと聞きますよね…

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/40925
https://www.nri.com/-/media/Corporate/jp/Files/PDF/news/newsrelease/cc/2015/151202_1.pdf
参考文献は、オックスフォード大学でも野村総研でもいいのですが…笑

まとめると単純作業なんてAIがしちゃうぜ!って話です。

そんな世の中、”市場価値高めるにはどうする?”って話です。

もちろん、これにも色々な考えはあると思いますが、自分は皆様と違った考えを提示します。

“少なくとも、個を高める時代は終わった。これからは人脈と評判が重視される。”

つまり、以下のようなイメージです。

       

 

図3. これから市場価値を高める方

スキル:ある程度ないとだめですが、一昔前のようなプロフェッショナル性は求められてません。

人脈:どの業界のどの人と知り合いか。ということです。

評判:自分のことがどのように評価されているのか。ということです。

人柄:前述の通りです。

今まで「×」だったものが「+」に変わってる…!と気づけた方はいいですね。
数式の中に”人脈”、”評判”が入っている為、「×」必要がなくなりました。
なぜなら、人柄がよくないと、”人脈”も”評判”も有りません。

その為、「+」です。

元ライブドア社長の堀江さんがいい例かと思います。
目立ったスキルがないですが、色々な人が集まってきて、色々な所の社外取締役を経験しています。

これを読んでくださっている方がどう捉えるかは様々ですが、一度きりの人生ですし、
個を高めるだけでは市場価値は高くなりません。個が高いのに越したことはないですが、個だけを追求してたら後で困ることが出てくると思います。

これからの時代はどのようにしたら市場価値が高くなるのか。を考えてみましょう。

と言いつつも個を高めたくなる気持ちはわかります笑

それでは,また(∩´∀`)∩